なかなか眠れない日常から抜け出す「安眠」のためにおススメの方法を3つご紹介!

睡眠は私たち人間にとって唯一の回復時間であり、寝ることによって一日の疲れをリセットして、次の日の活力を蓄えていきます。

 

睡眠中に分泌される成長ホルモンには疲労回復以外にも、皮膚や内臓の細胞を刷新するターンオーバーという働きによる美肌効果もあるとされています。

 

そして脳を休められるのも睡眠中だけなので、いかに眠ることが私たちにとって大切であるのか、慌ただしく過ごす現代人は再認識する必要があるでしょう。

 

しかし、睡眠とは、十分な時間をかけて寝ればいいものではありません。

 

量も必要ですが、その質も意識しなければなりません。短時間であっても、質の高い睡眠を得られれば、上記のような効果をしっかりと手にしていけるのです。

 

これから和歌山市にある美容整体サロンsmileが考える安眠のためにおススメとされる方法をご紹介していきますので、自分でも実践できると興味を持ったものがあれば、是非お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

<食べ物や飲み物に気をつける>

 

一見、無関係そうに思えるかもしれませんが、私たちが日ごろから口にしている食べ物や飲み物も睡眠の質と関係しているので、

それらに気を使うだけでも睡眠の質の向上につながっていきます。

 

例えば、肉や魚、卵、乳製品のようなタンパク質が多い食品にはセロトニンや体内時計を整えてくれます。

*睡眠や体温調節等に働きかける、幸せホルモンとしても知られるセロトニンという神経伝達物質の分泌を促し、体内時計を調節するホルモンへと変わっていきます。

 

朝食でこれらの食品(タンパク質)を積極的に摂るようにすると、昼間は元気に活動し、夜には眠くなるという生活リズムを作りやすくなります。

続きはこちら

 

 

著者

和歌山スマイルはりきゅう整骨院

 院長 野鹿瀬 靖識 
柔道整復師、鍼灸師、交通事故専門士、JCCA(コアコンディショニング)トレーナー
整体からトレーニング、骨盤・姿勢の矯正や美容鍼灸までオールマイティに施術する整体歴14年のベテラン。

カテゴリー